スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全員女性「意見言いやすかった」=「男性の声も」―性犯罪事件で裁判員・那覇地裁(時事通信)

 女性宅に押し入りわいせつ行為をしたなどとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた沖縄県浦添市の廃品回収業川満秀樹被告(40)の裁判員裁判で、那覇地裁(鈴木秀行裁判長)は14日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
 裁判員6人、補充裁判員2人全員が女性だった。判決後の記者会見で、裁判員を務めた50代の会社員は、全員女性だったことについて「意見が言いやすかった。男性がいると言いにくいこともあった」とした。一方、別の裁判員だった50代女性は「一般男性の意見を聞けたら良かった」と話し、評価が分かれた。
 また補充裁判員だった60代会社員は、裁判官が全員男性だったことを指摘。「裁判員に男性が、裁判官に女性がいた方がバランスがとれた」とし、制度改正を主張した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕
わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕
鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ

ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
<鈴鹿2億円強奪>2被告に懲役25年、20年を求刑(毎日新聞)
【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)
<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。